更年期障害で注意する事

更年期障害の一番の原因は卵巣の機能が低下しエストロゲンが分泌されなくなることが主な原因です。
そして更年期障害の中心になる症状が更年期症状、中心になる病気が骨粗しょう症と高脂血症ですが、時に更年期症状の現れ方に大きな影響を与えるものがります。
それは生活環境やストレスです。
さらには更年期障害と似た症状が出るにも関わらず更年期障害とは全く関係のない違う病気を発症していることもあります。
例えば内科の病気だと肥満や高血圧、低血圧など、整形外科の病気だと変形性脊椎症など、精神神経科の病気だと神経症やうつ病などがあります。
そのためこの時期には生活環境を整えたりストレスを出来るだけ受けないよう注意し、その他にも何かしらの自覚症状が出た場合には更年期障害だけでなく、他の病気も視野に入れ適切な診療科に診てもらうようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク