若年性更年期障害の症状と改善・予防

若年性の更年期障害にみられる症状は
・月経のトラブル(月経不順、無月経)
・感情面の不調(イライラ、落ち込みやすい、憂うつなど)
・不眠 ・発汗 ・ほてり ・冷え ・動悸、息切れ ・頭痛 ・めまい
・吐き気 ・疲れやすい ・肩こりや腰痛
など更年期に見られる更年期障害と同じ様な症状が出ます。
そこで改善策はまずストレスを溜め込まないことです。ちょっとしたことでもストレスを感じてしまう人もいますが、そういう時こそ前向きになって楽しい気持ちを持つことが大切です。
楽しい気持ちになるとα波が出される為精神安定をはかることができるのです。
なのでできるだけストレスをためないようにし、また自分なりにストレス解消法があるのであれば尚良いですね。
後は何度も言うように生活改善をすること!規則正しい生活は健康な身体を維持するために欠かすことはできませんからね。
それに予防策としてはビタミンEなど必要なビタミン類を摂取したりストレスをためないよう日頃からアロマを使用したりハーブティーを飲んだりして気持ちを落ち着かせるのもいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク