若年性更年期障害を防止

若年性更年期障害にならないためにもまずは食生活を見直して若年性更年期を防ぎましょう。
ビタミンの中でもビタミンEは若返りビタミンとしても知られていますよね。
そしてこのビタミンEはホルモンのバランスを調整してくれたり、自律神経のコントロール、老化現象の一因である過酸化脂肪の増加を抑制する作用があります。
更に末梢血管の血行を促進する事から更年期障害の症状でもある頭痛や腰痛、冷え性にも効果があります。
またコテステロールの沈着も防ぎ、血管内の細胞を強化する作用もあるのです。
このようにビタミンEの作用は様々あり、嬉しいことにいろんな食品にビタミンEは含まれていますので好き嫌いせずバランスよく摂取し若年性更年期障害にならないよう若年性更年期を防止しましょう。
ただし、ビタミンEは喫煙や飲酒をする人に欠乏しやすい為そういう人はサプリメントで補っていくのもいいのですが、過剰摂取にはくれぐれも気をつけてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク