更年期障害に効く全身運動

更年期障害で症状が酷いからといって運動を怠ってはいけません。運動して全身を動かす事で改善される更年期障害の症状もあるのですから日頃から適度な運動をこころがけましょう。
健康維持のために必要なのは運動・睡眠・食事です。
女性であれば家事や仕事である程度運動しエネルギーを消費する事はできるのですが、でもそれは全身運動ではないですよね。
体の一部分を主に使っているため肩が凝ったり腰が痛くなったりと負担が掛る一部分だけが疲労してしまうのです。
でもそれでは更年期障害の辛い症状に更に追い討ちをかけてしまうことになりますので、日頃から全身運動するよう心がけましょう。
全身運動をすることで血行が良くなって骨や筋肉が丈夫になり、肥満になるのを予防し、ストレスも解消できて更年期に気をつけたいほかの病気への予防対策にもなるのです。
そのため更年期障害で症状が辛いからといって家に閉じこもってばかりいないで、ストレッチやウォーキング、水泳などで全身運動を生活に取り入れるよう心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク