更年期障害に効くストレッチ運動

更年期障害の症状には肩こり、腰痛、頭痛などがありますが、これらの症状で悩んでいる方はストレッチしてみましょう。
ただ面倒だと思う人は3日坊主で終わってしまう可能性はあるのですが、ストレッチは毎日1回でもいいのでとにかく継続する事が大切なのです。それにストレッチは運動前の軽い準備運動にもなりますので事故防止にもつながります。
またストレッチは家にいながらスペースと数分の時間を確保できれば簡単にできますよね。全身の筋肉を無理なく伸ばし筋肉の緊張をほぐすことで柔軟になり血行も良くなります。
そのため更年期障害の辛い症状が血行不良によるものからきている人にとってストレッチは効果的な運動なのです。
朝起きた時、家事の合間、入浴後、寝る前など自分で時間を見つけて筋肉をほぐすストレッチ運動をしてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク