更年期障害に効くストレッチ運動のポイント

更年期障害の辛い症状を改善する為にもストレッチ運動をしてみましょう。
そこでストレッチ運動をする際のポイントをいくつかご紹介します。
・ストレッチははずみをつけて勢いに任せてやる運動ではありません。そのためはずみをつけた動作は急激に筋肉を伸ばしてしまうことになりますので絶対にやめましょう。
・筋肉を伸ばすときはゆっくりと息を吐きながらするよう心がけることが大切です。
・ストレッチは痛みを我慢して行う運動ではありません。なので自分で筋肉を伸ばす時にはちょっと痛みを感じるとこまでで結構です。その姿勢を10秒~20秒キープし、左右同じ動作を2~3セットずつ繰り返しましょう。
・各ストレッチ運動では体のそれぞれの筋肉を伸ばす運動ですので自分が今どの筋肉を伸ばしているのかを常に意識して行いましょう。
これらがストレッチ運動を行う際のポイントです。このポイントを頭に置いて自分のペースでゆっくりストレッチ運動をしてみてください。
毎日続ける事で更年期障害の辛い症状を改善しちゃいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク