更年期障害に効くストレッチ運動その2

更年期障害に効果的なストレッチはまだあります。
これらも無理せずにゆっくり行い更年期障害を改善しましょう。
・外もものストレッチ
足を伸ばして座ったら片方の膝を曲げて伸ばしている足の外側に持っていきます。
そして曲げた膝を反対の腕を当ててももの外側の筋肉を伸ばします。この時残った手を後ろに置き体を支えましょう。
・お尻の筋肉のストレッチ
仰向けに寝転がったら両膝を曲げて手をあて曲げた両膝を胸に押し当てるようにしましょう。この時腰が反らないよう注意してください。
・裏側のもものストレッチ
仰向けに寝転がったら片方の膝を曲げて立てておきます。残った足の膝の裏側に両手をあて、胸にひきつけます。
・足の付け根のストレッチ
足を前後に開いて立ったら、後ろに置いた足の膝を曲げ床につけます。そしたら背中が反らない注意して前に置いた足の膝が曲がりすぎない程度に足の付け根を伸ばします。
・腹筋のストレッチ
バンザイした状態で仰向けに寝転がったら両手両足をそれぞれの先に向けて思い切り伸ばします。
・わき腹のストレッチ
仰向けに寝転がり両腕を広げ、両膝を曲げて左右に倒し腰をひねります。この時肩が床から離れないよう注意しましょう。
・腰のストレッチ
あぐらをかいて座ったら両腕を伸ばし手を組みます。そして腰を後ろへ引きながら組んだ手を前へ伸ばします。
これらのストレッチもストレッチ運動のポイントを頭において行ってください。
何度も言いますが決して無理に伸ばしたり痛みを我慢するような事はしないでくださいね。
最初は思うとおりに体が動かなくても毎日続けていく事で柔軟性は増してきますから無理なくできるようになってきます。
なので自分のできるところまでで結構ですのでゆっくり時間をかけてストレッチ運動をやってみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク