更年期障害に効くウォーキングエクササイズのポイント

更年期障害の症状を和らげる事が出来るウォーキングエクササイズ早速やってみたいけど、どうやってやったらいいのか分からないという人のためにちょっとしたポイントをご紹介します。
始める前に:何の運動をする前にも必ず準備運動を行う
歩くスピード:普通に歩くよりやや速め
歩幅:普通に歩くより広く
歩く時の注意:歩き方はひそれぞれクセがあると思いますが、かかとからきちんと着地するよう意識する
歩く姿勢:背筋を伸ばして顔を上げ、肘を軽く曲げて軽く振る
目安:1回10分程度を週3日。1回30分程度を週3~5回と自分のペースで行う
続けるコツ:ウォーキング中の楽しみを見つけてみよう。お店を巡ってみたり、ハイキングコースを歩いてみるなど自分で楽しみを見つけながら行うのが長く続けるコツです。
これらがウォーキングエクササイズの基本です。
普通のウォーキングは腕を曲げて振ってなんてことはしませんよね。でもこの動作を加える事で筋肉の強化や体力回復などに繋がるのです。
更年期障害が辛い辛いと家に閉じこもっていても症状は改善されませんよ。外に出てこれらのポイントに注意しながらウォーキンググエクササイズしてみませんか。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク