更年期障害に効く腹式呼吸

更年期障害の症状を和らげる為の方法には運動の他にも腹式呼吸があります。
呼吸と更年期障害に何の関係があるの?と思われる人もいらっしゃると思われますが、そもそも腹式呼吸がどのような効果をもたらすかご存知ですか。
呼吸には胸式呼吸、腹式呼吸の2つがあり胸式呼吸とは俗に言う浅い呼吸と呼ばれるものですが、それに比べ腹式呼吸は肺の奥まで酸素を取り入れることができるため肺を強化する事が出来ます。
更に腹式呼吸には体の緊張をほぐすことによるリラックス効果や血行促進による体を温める効果、自律神経の乱れで起こる不快な症状を和らげたり防止する効果があるのです。そのため自律神経の乱れで引き起こされる更年期障害にも効果的なのです。
なので胸式呼吸ではなく、腹式呼吸を日頃から意識して習慣づけるようにしてください。それだけで軽減される更年期障害の症状もあるのです。体を動かさなくても呼吸法を変えるだけで効果があるのですから誰でも取り組めますよね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク