更年期障害に効く腹式呼吸のやり方

呼吸法を変えるだけで軽減される更年期障害の症状があるなら是非やってみたいものですよね。そこで正しい腹式呼吸法をご紹介します。
基本的に吸うより吐く方に倍の時間をかけるのが腹式呼吸です。それでは早速やってみましょう。
まず腹式呼吸に体勢は特に関係ありません。楽な姿勢で行いましょう。
一度深く息を吐きます。そしたら鼻から3秒~5秒かけて息を吸いますがこの時お腹もそれに合わせて膨らませましょう。
そして息を吐くときには吸った時の2~3倍の時間をかけて口から吐き出します。
これらの「息を吸う、息を吐く」という動作にはそれぞれきちんと作用があり息を吸う事で交感神経の働きにより体を緊張させ、息を吐く吐く事で副交感神経の働きで体をリラックスさせているのです。
そのため緊張とリラックスを繰り返す事でバランスが整えられ自律神経の乱れも整えられたり防止したりすることができることから更年期障害の症状を軽減する事ができますので是非やってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク