大豆製品の摂取量

更年期障害を軽減するためにも大豆製品は有効というものの一日の摂取量の目安はどれくらいなのでしょうか。
それはよく食卓に上がるお豆腐ですと100g摂取して1日合計24mgのイソフラボンを摂取したことになります。
そこで1日に摂取する最適な目安としては
・豆腐半丁約150g
・きな粉20g
・納豆約60g 1パック
これらが1日の摂取量の最適な目安とされています。
これらを他の食材と共にバランスよく食事に取り込んで不足したエストロゲンを補っていきましょう。そうすることで更年期障害の辛さも軽減されるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク