抗酸化ビタミンを含む食材の調理法

更年期障害になったら抗酸化ビタミンも大豆製品と同じ様にバランスよく摂取しなければなりません。そこで抗酸化ビタミンが含まれる食材としては緑黄色野菜があります。
この緑黄色野菜はβ-カロチンやビタミンC、ビタミンEを含む食材ということになり例えばブロッコリー、グリーンアスパラ、ほうれん草、小松菜などがあります。
そしてこれらを食べる時には大抵和え物にしたり、湯掻いたりといった調理法が主ではないでしょうか。でもせっかく食べるなら効率よく体内にビタミンを吸収させたいですよね。
そこで調理法に一工夫。いつも湯通ししているこれらの食材を加熱し、油で調理してみましょう。そうすることで効率よく体内に必要なビタミンを吸収させることができます。
このように普段食している食材も調理法一つで吸収率は変わってきますので更年期障害になってからというより更年期障害になる前からバランスよく上手に摂取していけたらいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク