アロマテラピーで更年期を穏やかに過ごす

更年期はできるだけ穏やかに過ごしたいものです。そのためにアロマテラピーを使用してみましょう。更年期障害のケアに有効とされるアロマテラピーには実に様々な作用がありその中でも特によく作用するものがあります。
それは「ホルモン分泌を整え、自律神経の乱れも調整」「精神的な部分を安定」「自律神経の乱れによる体の不調を緩和」これらがアロマテラピーの主な作用でありメリットなのです。
主にホルモン分泌をコントロールしているのは脳の視床下部なのですが、視床下部はホルモン分泌の調整だけでなく体温の調節も行う自律神経の司令塔なのです。
なので強いストレスを感じたり、不規則な生活をしていたり、年齢を重ねることによるホルモンバランスの乱れが生じると自律神経も正常に働かなくなります。
そのため更年期障害の症状で見られる、のぼせや冷えや肩こり、頭痛といった不快症状が現れてくるのです。
なのでアロマテラピーを上手く使いこなしこれらの不快症状を緩和して更年期を穏やかに過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク