植物性エストロゲンの作用

植物性エストロゲンを摂取すると本来のエストロゲンの不足分を受容体に結合し補い働いてくれますので植物性エストロゲンは本来のエストロゲンの作用をそのまま引き継ぐ形になるわけです。
そこで植物性エストロゲンを摂取するとどのような作用があるのかというと
・更年期障害、骨粗しょう症の改善効果
・乳がんや動脈硬化を予防
・骨密度が低下するのを抑制
・尿失禁
・アルツハイマー病の予防
などこれらの効果が期待できると認められているのです。
ただし更年期障害に悩む人が植物性エストロゲンを摂取するのは有効ですが、普通にまだ月経がある人が過剰にエストロゲンを摂取してしまうと本来のエストロゲンの作用を弱めてしまう事にもなりかねませんので注意してください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク