更年期障害とうつ状態

更年期障害の症状は体だけでなく精神的な症状として不安感やうつ状態などが現れる人も少なくありません。
人の行動や喜怒哀楽といった感情などはいろんなホルモンにコントロールされています。更年期には急激にエストロゲンが減少しますが、このエストロゲンも精神的な面をコントロールしているホルモンの一つなので更年期に精神的な症状が出ることは不思議な事では有りません。
ですが精神的な症状が単純にホルモン変化によるものばかりとは言い切れないのです。何故なら家庭内や職場で何らかの問題を抱えている事が多い為、そんな環境の中で迎える閉経により様々な更年期障害の症状に悩まされることになるのです。
そのためこれから先の将来への不安が募ってしまい常に不安を感じてしまったり喪失感や疲労感といったものからうつ状態になってしまうのもしょうがないことなのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク