更年期障害カウンセリング

更年期障害の不安やうつ状態などの精神症状には不眠やのぼせなどの症状も伴う場合があります。
この場合の治療法にはホルモン補充療法または漢方薬での治療が主になります。
これら2つの治療法で更年期障害の症状が和らいだり改善されたりすると気分も楽になり不安やうつ状態も緩和されます。
しかしこれらの治療でも症状が緩和されないときにはカウンセリングでの治療が必要になってきますが、カウンセリングをする専門医がいる婦人科は増えつつあるもののまだまだ少ないのが現状です。
そのためかかりつけの婦人科にカウンセリングする医師が居ない場合にはカウンセラーや精神科または心療内科を紹介してもらうのもいいですね。
確かに人によってはカウンセリングを受けたからといってすぐに効果が出るものではなく、時間を要する人もいます。
ですが精神科に抵抗があるからといって自分はおかしいなどと思わずに更年期障害の症状を改善する為にも治療のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク