更年期障害は今の自分を受け入れることが大事

更年期を迎えたらいつまでも若い頃と比べていてはいけません。
年齢を重ねてきたのですから若い頃に出来た事でもこの時期にできなくなることがあってもそれは当たり前のことなのです。
更年期障害で悩む人の多くはとにかく若い頃の自分と比べて自信喪失し、更年期障害のあれこれ現れている症状に対しても「自分はこんなんだから」と落ち込んでしまう人が多いのですが、これでは精神的な症状を更に悪化させてしまうだけです。
きちんと今の自分を受け入れてください。
そして自分に誇りを持ち胸を張って堂々と日々の生活を過ごしていく事が更年期の生活では大切な事です。
そのため自分なりのリラックス法を見つけ、リラクゼーションなども日々の生活に取り入れ「これらをしている時は自分らしくいられる」というものを見つけてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク