レジ袋の削減方法

商業社会の隅々まで普及したレジ袋を、今日明日になくす事は不可能です。
では、どのようにすれば削減できるのでしょうか?
まず、私達消費者ができる行動としては、「マイバックを持つ」「レジ袋を断る」ということが挙げられます。
レジ袋に商品を入れてもらうのが当たり前になっていた意識を少し変え、レジに商品を出した時点で「袋要りません」と店員に一声かけましょう。
そして、買い物に行く時は必ずマイバックを持つ事を忘れないように、マイバックは玄関先に置いたり、マイバックの中に財布を入れて置くようにしたり工夫をして、マイバック持参を定着させましょう。
企業側としては、「マイバックプレゼント」というような商品特典や、マイバックを持参した人に、お店カードの「ポイント付加」をするなど、消費者にマイバックを持つよう呼びかける努力が必要です。
また、レジ袋を使用するのが当たり前という意識をなくすため、コンビ二などでも、「袋に入れますか?」と一声かけるようにしたいものです。
レジ袋は、工場で製品を製造した段階で包装される容器や白色トレーとは違って、消費者が受け取る段階で断れば、完全になくせるものなのです。
ロハスのキーワードでもある「エコ」という言葉は、少し前だと「エコロジスト気取って」などと慈善事業的な行動と思われていましたが、今はもう地球人としての「義務」ではないかと思います。
さぁ、まずエコバックを用意してみてください。
そして、明日の買い物には是非エコバックを持っていってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク