プラスチック製ゴミの捨て方

 分別する際に、一番面倒くさくて量が多いのが、「プラスチック製容器」です。
野菜や果物を入れている袋、練り製品を包んでいる袋、ソースやケチャップの容器、豆腐の容器、冷凍
食品の袋、パンの袋、ヨーグルトの容器・・・数え上げたらきりがないほど、多くの商品に使われてい
るのが、この「プラスチック製容器」です。
これらは、中の商品と密着しており、内側に付いた汚れは取れにくいものが多いのです。
野菜や果物ならざっと水で洗えばいいのですが、ソースやケチャップの容器などは丁寧に洗わないと落
ちません。
しかも、大小さまざま形も様々なので、乾かす際に場所をとります。キッチンが「プラスチック製容器
」のゴミだらけ!というのも大げさな話ではないはずです。
しかし、逆に言えば、これだけ多くの「プラスチック製容器」が作られているのです。これらがただた
だ捨てられていくとすれば、それは本当にすさまじい量で、環境が破壊される速度を早めてしまうでし
ょう。
今までの、「終わったら捨てる」の生活に比べれば「面倒くさい」だけであって、ロハス生活とは逆の
簡単で便利な生活を続けていく事は、地球環境の破壊を進めていくことになるのです。
この「プラスチック製容器」の分別も一消費者としてできることなので、できるだけ実行していってく
ださい。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク