スチール缶・アルミ缶の捨て方

ジュースやビールの容器である缶は、主にスチール(鉄鉱石)やアルミ(ボーキサイト)でできています。
スチール缶・アルミ缶共に「容器包装リサイクル法」の対象となっています。
特にアルミ缶に関しては、再生する際に使用する電気の量が少く、さらに消費者からの回収率も良く、リサイクル対象の容器包装の中でも、効果が期待されています。
両方とも、中身をキレイに洗ったあと十分に乾かしたものを、手や足で潰し、また手や足で潰せないものに関しては、専用の機械(ホームセンターなどで売っています)で潰して、各自治体指定の日に出しましょう。
 缶を潰すのは、ゴミ運搬コストを削減するためというのが一番の理由なので、必ず協力するようにしてください。
 缶一つでも潰してリサイクルに出すなら、それは立派なエコ活動であり、かつ立派なロハスであるので、自宅だけではなく、外出先で缶ジュースを買ったときでも、潰して缶用ゴミ箱に捨てるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク