3R運動とは?

「3R運動」という言葉を知っていますか?
もともと、「エコ」に関心のあった人なら知っているでしょう。
「3R運動」とは、「REDUSE(削減)」「REUSE(再使用)」「RECYCLE(再利用)」の頭文字をとった環境運動のことで、
〝私達の住む社会も、自然界と同じような「循環型社会」にしよう!〟
という政府の方針に採用された考え方です。
優先順位は、REDUCE→REUSE→RECYCLEの順とされています。
つまり、この中では「REDUSE(削減)」がもっとも重要な行動として位置づけられています。
「REUSE(再使用)」や「RECYCLE(再利用)」も大切ですが、大量消費=大量再生では意味がないのです。
まずは、物を買いすぎない、持ちすぎない、不要なものは断る、といった姿勢が根本的に必要であり、最低限に物を減らした上で、どうしても捨てるものが出てきてしまった場合、再び資源化して利用するといった方法がとられるべきなのです。
ですから、「マイバック持つだけ」「ペットボトルをリサイクルするだけ」ではダメです。
「マイバックを持って、過剰包装も断り、お姉ちゃんが着られなくなった服は妹に着せ、空になったペットボトルは洗ってリサイクルに出す」
3Rがバランスよく生活に取り込まれていることで、ようやく効果があらわれてきます。
ロハスな生活をするにあたって、エコの部分は切っても切り離せません。
3Rをバランスよく生活に取り込み、環境に優しいロハス生活を送るようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク