ロハスカフェ NOAH

沖縄にあるロハスカフェ「NOAH」が、沖縄の代表的な野菜の中からオーガニックなものを中心に販売していました。
「NOAH」はロハスワールドの沖縄支部の看板として、沖縄県那覇市にあります。
まだオープンして1年ちょっとの新しい店です。
当初は、近辺の住人ががぱらぱらと口コミで来店していたのですが、
その人たちがさらに口コミで広めたり、ブログに載せたりして、
この一年で客足は飛躍的に伸びているそうです。
遠方からわざわざ来る客もいるとのことで、ロハスカフェについて興味のある人がたくさんいる、という事実が伺えますね。
営業時間は11:30~22:00
定休日は火曜日です。
ランチタイム(11:30~14:00)とカフェタイム(14:00~18:00)、それからディナータイム(18:00~21:00)という3タイムに分かれており、
それぞれに、メニューが設定されています。
国産の雑穀や産地直送の玄米、生産者のわかる沖縄の無農薬有機栽培の島野菜中心で、体に優しい植物性たんぱく(べジミート)などを使用しています。
肉、魚、卵、乳製品は一切使用していません。
当然、化学調味料や保存料、着色料なども使用していないので、素材そのものの美味しさを引き出した調味料などで調理しています。
ランチタイムでは、玄米菜食日替わりプレートや玄米カレーなどが、ドリンク・デザート付きで提供されています。
カフェタイムでは、オーガニックコーヒーやハーブティなどの薬草茶や、日替わりスウィーツ、天然酵母でできたパンを使ったベジタブルバーガーなど、ほっと一息するのにぴったりな安らぎのメニューがそろっています。
ディナータイムでは、玄米食を中心として、ミニコース(御膳)、オーガニックパスタ、カレーなど豊富にそろえており、夜のお伴にはオーガニックビールやオーガニックワインも一緒に楽しめます。
店内では、農家直送の無農薬有機栽培野菜や、無農薬玄米、オーガニックコーヒー、薬草茶などを販売しています。
ここで、販売している野菜などが、今回の「ロハスワールド スプリング2007」で販売されていました。
私は、沖縄野菜で有名な「ゴーヤー」を購入しました。
東京ではまだまだ出回っていないので、我が家の食卓では今年初の「ゴーヤー」でした。
王道で「ゴーヤーチャンプルー」を作ろうかと思ったのですが、やっぱりあれは気候がもっと暑くなってから食べたいものです。
そこで、シンプルに「ゴーヤーサラダ」にしてみました。
ゴーヤーそのものの味がわかるので、私の好きなゴーヤーメニューの一つです。
〈ゴーヤーサラダのレシピ〉
〔材料〕4人分
ゴーヤー    1本
水菜      半束
赤パプリカ   1/2
黄パプリカ   1/2
[ドレッシング]※200mlのペットボトル1本分
 
  にんにく   1かけ
  しょうが   1かけ
  たまねぎ   1/4個
  砂糖     小さじ1
  みりん    大さじ1
  塩      小さじ1
  こしょう   少々
  サラダ油   100cc
  しょう油    80cc
〔作り方〕
①ゴーヤーは洗って、縦2つに割る。
 中の種をスプーンでくりぬくようにして取り除く。
  ※このとき種を含めた白い部分が残っていると苦味があるので、
   苦味が嫌いな人は丁寧に取り除いてください。
   私は苦味が好きなので、多少残します。
 ゴーヤーを5mmから1cmの幅に切り、水にさらす。
②水菜は洗って、3cm幅にざく切りにする。
③パプリカは洗って、薄切りにする。
④ドレッシングを作る
  にんにく・しょうが・たまねぎはそれぞれ皮をむいて、すりおろす。
  200mlの蓋付きの容器に入れ、砂糖・みりん・塩・しょう油を入れて、
  蓋をしてよく振る。
  味を見て、こしょうを少々振り入れる。
  よく混ざったら、サラダ油を入れる。
⑤器に水菜をしき、その上からゴーヤーとパプリカを彩りよく盛り合わせる。
⑥食べる直前に、ドレッシングをふり混ぜ、⑤にかけて食べる。
簡単なのに、素材の味とドレッシングが絶妙に混ざって、本当に美味しいですよ!
無農薬のゴーヤーを使うだけで、立派なロハスな食卓のできあがりです。
  
 

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク