竹のベビーベッド

「竹のベビーベッド」
しかも、100パーセント竹でできたベビーベッドって、聞いた事がありますか?
そのブランドを立ち上げた会社も、今回の「ロハスワールド スプリング2007」に出展していました。
赤ちゃんは、存在そのものが弱くただでさえ、身の回りのものや空気の衛生面で気を使いますよね。
さらに、少し動けるようになった赤ちゃんは、なんでも口に入れたり舐めたりします。
この行為は、一番敏感である食感で世界を確認している大事な作業なので、あまり「舐めちゃダメ!」とも言えません。
でも、市販のベビーベッドは木でできていても、コーティングに化学物質がぬられていたりするし、舐めても絶対に平気!という商品なんてないですよね。
そこで、もっとも赤ちゃんに優しいと思われるベッドが考案されたのです。
それが、(株)タヌマから発売される「竹のベビーベッド」です。
このベビーベッド3つの特徴
①赤ちゃんにも安心安全な点
(天然でありながら、抗菌・脱臭作用がある竹を使用されています。
 そしてなめても安全な米ぬか油をコーティングに使用されています)
②布団とマットレスの併用が出来ます。
 (体温調整がうまく機能していない赤ちゃんのことをしっかり考えられています
  寒い冬はマットレス・蒸している夏はタタミと布団という組合わせが可能です)
③5歳まで使用できます。
 (ベビーの柵を取れば、下台がトドラー用ベッドになり、4~5歳まで使用可能です)
  
④ベッドが不要になっても、勉強机として組み換えできます。
*さらにオプションで肌に優しいオーガニックマットレスも選択可能です。
受注開始時期は5月中旬~ということです。
ただし、100パーセント天然で一つ一つハンドメイドで作っているので、やはり価格は高めで15万円~だそうです。
でも、小学生にあがっても机として長く使用できるし、安心安全なものであるなら、決して高い買い物だとは思いません。
物を捨てないという環境にも優しい商品でもあります。
ちなみに、ベビーベッドだけではなく、大人用のベッドもやテレビボードなどもあって、ロハスな家作りに興味のあるひとは必見のブランドです。
問合せ先はこちら
   ↓
株式会社タヌマ
TEL 03-3888-6551

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク