自然素材のイグサの力

日本家屋に昔から畳を使用してきたのには、わけがあります。
畳は、イグサを原料とした畳表と主にワラを原料とした畳床が合わさってできています。
この二つの組み合わせにより、下記のような素晴らしい性能が生まれるのです。
1.化学物質などシックハウスの原因となるものを吸着
2.保温効果・断熱効果
3.湿気を吸収
4.適度に軟らかく弾力性があるため、体への負担を軽減する
5.音や振動を吸収
6.リラックス効果のある香り
なにも難しい技術を使って特別な家を建てなくても、畳を取り入れるだけでこれだけの効果があるのです。
ハウスダストなど、住宅の持つ深刻なトラブルの例はあとを絶ちません。
それもこれも、畳を失ってしまった今の日本の住宅事情が生んだ結果と言えるかもしれません。
夏休み、おばあちゃんの家に帰省して、畳の上に腰を下ろしただけで、ほっとした気持ちになりますよね。イグサの持つリラックス効果のある香りが、長旅で疲れた体を癒してくれるからなのです。
自然素材のため、当然健康にもよく、赤ちゃんにも安心です。
かつ、心の癒し効果もある、このイグサ。
家購入を考えている方、リフォームを考えている方、是非、畳を取り入れた家作りをしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク