シックハウス症候群を起こさないために

そもそも、シックハウス症候群って、何が原因で起こるのでしょうか?
多くの人が、家を建てる際に、体に有害な物質を含む素材を使ったために起こると考えていると思います。
しかし実は、シックハウス症候群とは現代の家すべてに起こる可能性があるのです。
家そのものに有害な素材を使用していなかったとしても、家の中は化学物質であふれています。
壁をつなぎ合わせる接着剤や、ビニールクロスの塗料に始まり、日ごろ使用している洗浄剤や、害虫の駆除剤、防虫防カビ目的のもの、タバコ、ほこり。
これらすべてが、シックハウス症候群の原因となります。人間が吐く息に含まれる二酸化炭素でさえも。
つまり、生きている限り、有害物質は発生してしまうのです。
そこで、なるべくシックハウス症候群を起こさないための対策が必要となってきます。
日々の生活の中で実行できて、即効性のある方法が、通気(換気)と掃除です。
家の中にたまった有害物質は、通気(換気)によって外に排出します。
有害物質が家の中にこもったままになっていると、たちまちシックハウス症候群を引き起こしてしまいます。
また、重曹や酢水を使った、安全な掃除方法でこまめに掃除する事で、ダニ・カビの原因になる埃やゴミを取り除き、クリーンな状態を保つ努力をしましょう。
快適で健康なロハス生活を送れるよう、自分が今住んでいる家の状態をきちんと把握し、対処していくのが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク