布オムツのススメ

布オムツのススメ
 布オムツが環境にも心の健康にもよいロハス的なものであるとわかっても、8割近くのママが紙オムツを選んでいる世の中で、布オムツで育児をするのはとても勇気のいることかもしれません。
 しかし、まずは一度試しに布オムツを使ってみてください。赤ちゃんの嬉しそうな表情が見れるかもしれません。2歳以上の子なら、「布オムツの方が気持ちいい」と言ってくれるかもしれません。もし、赤ちゃんが反応を見せなくても、布オムツを使用する事は、その赤ちゃんが大人になったときまで今の環境を継続させる、ロハスな行為だという事を認識してください。
 例えば、お風呂上りだけ布オムツに変えてみる。
 例えば、日中だけ布オムツに変えてみる。
 例えば、週の半分だけ布オムツに変えてみる。
ロハスは、がちがちの環境運動とは違って、身近なことからできることを少しでもやればそれでロハスなわけですから、ほんのちょっとでもいいのです。
そうすれば、次の週ゴミを出すときに、紙オムツのゴミの少なさに気がつくはずです。
その少なさの分だけ、石油資源が保たれ、ゴミの量が減り、ダイオキシンの発生が止められたわけです。
 
 私は、現在2歳3ヶ月の女の子と10ヶ月の男の子の育児をしていますが、両方とも布オムツです。今は長女のトイレトレーニングが完了したので長男の分だけ布オムツを、毎日洗濯していますが、長男が生まれたばかりの頃は、長女もオムツをしていたし長男が新生児でしょっちゅうオムツを換えていた上に長引く梅雨でオムツが乾かず、ドライヤーで乾かしながらやっていました。
「大変じゃない?」と聞かれますが、確かに「大変じゃないよ」とは言えません。でも、2人の子供が大きくなった時灰色な地球にならないために、と思えばまったく苦ではありませんでした。
 
 子供がいつまでも笑顔でいる事。それが、親の願いです。
「今」の利便さだけを求めず、未来の子供達のために、未来の地球のために、是非、このロハスな布オムツでの育児をおススメします。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク