その五・少衣多浴

少衣多浴
 ・・・薄着で風呂好きの人は風邪知らず。
昔は、冬でもTシャツに短パンという小学生の男の子をよく見かけたものです。
最近はめっきり見なくなってしまいました。
ごぼごぼ厚着をすると、自分で発熱するという持って生まれた自然の力が失われ、体力が低下し、風邪をひきやすくなると言われています。
冷房などで冷やされてしまうという話はまた別で、冷房対策はしっかりしたほうがよいですが、冬にぬくぬくと何枚も重ね着するようでは健康な体にはなりません。
去年より一枚薄着にして、胸を張って歩いてみてください。
ごぼごぼ厚着して背中を丸めて歩いていたよりも、寒く感じないはずです。
また、日本人の誇れる文化として入浴があります。
風呂好きは日本人が長寿である理由の一つです。
特に、体の血行をよくし代謝を高める効果のある「半身浴」がおススメです。
私は、半身浴で雑誌を一冊全部読むまでじっくりつかるのが好きです。
雑誌のページも湿気でふにゃふにゃになってくるころには、体から汗がぼたぼたと落ち、手や足がポカポカになってきます。
お風呂からあがっても、何時間も暖かいままで、寒い冬でもぐっすり眠れますよ。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク