その十・少憤多笑

少憤多笑
 ・・・あまり怒らず、たくさん笑おう。
十訓の中で、私が一番好きな言葉です。
私は家族によく「そういう顔をするのはよくない」と注意されます。
気がつくと怒っているそうです。
そう言われるようになってから、自分が怒っている時を意識するようになりました。すると、怒っている事が増えている時は、長期的にイライラしています。怒っている時と怒っている時の間もなんだか気分が優れないのです。
逆に、笑っている事も意識するようになりました。
最初は、自分があまり笑っていないという事実に気がつき、なるべく小さなことでも笑顔をつくる努力をしました。
例えば、「おかえり」というのを笑顔で言う、などです。
これを意識する事で、不思議と自分の気持ちが温かくなってきました。
気持ちが温かいから笑顔が出るものだと思っていたのですが、その逆の効果もあるのです。
ちょっとしたことでは怒らず、ちょっとしたことで笑う。
これを心がける事で、日々の生活が楽しくなり、イライラする事も減ります。
心の健康が保たれ、よりよいロハス生活を送れますよ。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク