香りと殺菌効果

「香り」は、脳へ刺激を与え心に作用する働きがありますが、
実は、もっと奥深い働きも持っています。
「香り」を嗅いだ瞬間は、もちろん脳への刺激があるわけですが、
時間が経つと、今度は肺や胃の中へも入っていき、
そこでいわゆる「クスリ」としての役目も果たすようになるのです。
「香りがクスリになる?」
意外に思うかもしれませんが、ヨーロッパでは「アロマ」というと「クスリ」という風に認識されている事の方が多く、殺菌効果や風邪の予防などに使われているのです。
「香りを嗅いで、殺菌される」となれば、心だけではなく体も浄化されていきますね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク