気とは?

「気孔」などに代表される、「気」の力。
目には見えないけれど、決して偽りの存在ではありません。
5000年の歴史を持つインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」の一つである、
「プラーナ(気)」は、心と体をつなぐ重要な要素として考えられています。
「気」のバランスが崩れると、「心」のバランスも「体」のバランスも崩れてしまいます。
その重要な要素である「気」を常にバランスを保つため、「気孔」などの方法があるのです。
余談ですが、コンピューターゲームでも、RPG(ロールプレイングゲーム)などでは、キャラクターの生体エネルギーを表すのに、「プラーナ」という言葉を使っているものもあります。
目には見えないけれども、生命の持つ重要なエナジーが、「気」なのです。
「気」をよりよい状態に保つ方法として、主に「イメージ療法」と「呼吸法」とがあります。
それぞれの具体的な方法を、ご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク