火の呼吸

ヨガの呼吸法をベースにしたもので「火の呼吸」というのがあります。
まず、全身をリラックスさせ、姿勢を正した状態で、息を鼻から吐きながらお腹を引っ込めます。
吸うときも鼻から自然に空気を入れます。
他の腹式呼吸や足芯呼吸と違って、吐くこと自体に意識を集中させるのが特徴です。
また、始めは1分間に30回くらいのペース(2秒に一回)で行いますが、徐々に早くしていきます。
格闘家などは、1分間に200回くらいの速さで行います。
この火の呼吸の効果として、
・免疫力・自然治癒力を強化する
・体力をつける
・集中力を高める
といったことが言われています。
高速で行うといったことから、激しい内容で、アスリート向きなのでは?というイメージが強いのですが、実際に体験してみると、意外にゆっくりとしていて優しいものだということがわかります。
専門のインストラクターがいるジムなどもあるので、ご近所のジムなど一度調べて足を運んでみてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク