運動初心者のための散歩

毎日のちょっとした時間で手軽に始められる運動として、一番適しているのが、
散歩です。
「え?散歩って運動?」
もちろん、体を動かす事は立派な運動です。
極端な話、息をすることも体にとっては「呼吸運動」となるわけですから。
(だからって、呼吸してるから私は運動してる!って言わないでくださいね)
ウォーキングとまで言わない「散歩」でも、十分運動になります。
道具などは特に必要ありません。
日ごろ、履きなれているかかとの低い靴を履いて、玄関を出れば始められます。
姿勢や腕の振り方、足の歩幅など、細かい事は気にしなくてもOKです。
とにかくロハスな生活は、「持続可能」なことがポイントですから、無理ない状態でやりましょう。
まずは、家の周りを一周してみてください。
特にどこかに行く目的がなく、「散歩」を目的として歩く家の周りは、始めてみる景色のように新鮮にうつるかもしれません。
いつも、会社に行く時に通る道なのに、知らない事がたくさん見つかるかもしれません。
何か発見があればそこで足を止めてもいいです。
その感動や発見が脳を刺激し、心を癒します。
何か目的がないと動けない、いつも何か用に追われているといった忙しい日常を過ごしていると、身近に在る自然も見落としがちです。
たった5分歩くだけでも、家に帰ってきたら、仕事で帰ってきたときとは違う空気になっていると思います。
「今日は家を出て左に行ったけど、明日は右に出てみよう。」
そんな気持ちになったら、凝り固まった心と体がほぐれた証拠です。
仕事が忙しくて毎日散歩してる余裕なんてない人は、週に一度休日の日でもいいです。
普段よりちょっと早めに起きて、5分くらい家の外を散歩してみてください。
きっとその日一日が、健康的な休日になりますよ。。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク