ロハストレーニング法―武道魂

今ロハスな健康を目指す人の中で、最も新しいトレーニング方法として注目されているのが、「武道魂」というものです。
名前は日本的ですが、実はこれ、アメリカで生まれたんです。
創始者は、アメリカの武道家キャメロン・シェインが生み出した、ヨガと武道と瞑想をミックスした、ホステリック(包括的)なトレーニング方法なのです。
キャメロン・シェインは柔術やテコンドー、空手など様々な武術を習得したほか、東洋的思想や栄養学も学び、この「武道魂(budokon)」を確立しました。
武道魂というトレーニング方法は、
まず最初に、ヨガの呼吸法と武道の動きを融合した動きで、体を調整していきます。準備体操のようなものです。
それが終わると、空手の様々なポーズをとりながらワークアウト(心と身体の集中力を高め、最大瞬発力を引き出すようなトレーニングを計画的に進めること)します。
その流れを受け継いで、最後は瞑想でしめます。
この一連の流れが、武道魂です。
シェイン氏が、様々な武術を学び知識をつけ、研究に研究を重ねた結果生み出された、究極のロハストレーニングです。
それは、国籍にとらわれず、本当に体にいいものだけを取り入れているので、日本人でもアメリカ人でも皆に効果があります。
最初から全部こなすのはキツイと思いますが、体をほぐすところから始めてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク