ハーブ栽培ーしそ

〔ハーブ名〕シソ
〔効能〕精神安定・咳、喘息をとめる・便秘解消・解毒
〔使用方法〕料理(てんぷら・刺身のつま・サラダ・お吸い物・梅干など用途は様々)
      
〔育て方〕
1.春に、葉の大きいしっかりとした苗を選び、5号以上の鉢に植えつけます。
  
2.水をたっぷりやり、2,3日の間日陰に起きます。
  ※半日陰でもよく育ちますが、乾燥に弱いので、土が完全に乾く前に
   たっぷり水をやってください。
3.苗が落ち着いて、葉が7,8枚ついてきたら収穫できます。
  ※下の方の大きい葉から収穫します。葉は少し残してまた生えてくるのを
   待ちましょう。
4.背丈が高くなったら、上部の方の葉も摘み取ります。
  上部の葉をつみとると、「摘心」といってまた横から枝が生えてきます。
5.収穫したら肥料を追加します。
  肥料がなくても育ちますが、より長期間収穫するためには肥料が必要です。
6.花が咲いたら摘み取って、「穂じそ」として刺身の添え物などとして利用します。
  穂じその花が終わったものは、「実じそ」として佃煮などにして利用します。
私のおススメのシソ利用法は、
*鶏ミンチをシソで巻き、照り焼き風に!ご飯にとてもよく合います。
*たまねぎ、しょうが、しょう油、油と混ぜて、手作りドレッシングに!
*山芋と梅干とシソを混ぜ、めんつゆをけけて和え物に!
栄養価が高く、利用法も様々あるのので、是非ベランダで育ててみてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク