東洋の薬草「漢方」とは?

中国で生まれ、朝鮮半島、日本に伝来した薬草が、「漢方」です。
漢方はヨーロッパのハーブとは違って、薬草単体で利用するものではありません。
だいたいが、複数の生薬を組み合わせて、一つの漢方薬とされています。
例外として、甘草だけを使った「甘草湯」がありますが、これは珍しい例です。
また、摂取方法ですが、料理に使用したりするものではなく、漢方単体で服用するのが一般的です。
また、薬草茶としても最近人気が高く、ダイエット食品などと一緒に売られていますよね。
ハーブと違って、どちらかというと「薬」のイメージが強く、その効用もはっきりしています。
余談ですが、日本には中国から伝わった漢方薬。
江戸時代の鎖国によって、それ以降の中国からの漢方が途絶え、逆に日本国内では漢医学が発達したため、現在日本にある漢方は、日本独自のものとなっています。
中国にない処方が日本にあるということで、中国から日本の漢方を買い求めに来ているという逆輸出が発生しているそうです。
ただし、薬の性質が強い分、副作用もあるので、使用には十分な知識と注意が必要です。
間違った使用法をすると、病状が悪化するなんて事もありうるので、ドラッグストアーなどで購入する際は、薬剤師さんの話を聞くなどしてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク