月経のしくみ

そもそも月経のしくみってどういうものなのでしょう。
卵巣で作られた卵子が、精子と出会えなかった場合不要となり排出されるのがいわゆる月に一度の月経ですが、排卵から月経までの定期的な周期はどのように作られているのでしょう。
女性には二つの女性ホルモンがあります。
一つはエストロゲンと呼ばれるホルモンで、女性らしさを作るホルモンです。このホルモンの分泌が活発になると乳房がふくらんだり、肌が潤ったりします。
もう一つはプロゲステロンと呼ばれるホルモンで、こちらは妊娠出産期に活躍するものです。
この二つのホルモンが、卵巣から分泌され、月経周期をコントロールしているのです。
月経終了から排卵期までは、エストロゲンが増える時期で、肌の調子や体調が良い低温期です。
逆に、排卵期から月経直前まではプロゲステロンが増える高温期で、むくみや便秘、乳房の痛み、肌荒れなどの症状が現れ、人によってはPMS(月経前緊張症)といって、極度のイライラや、うつ状態に陥る場合もあります。
この二つの周期と上手に付きああっていくことが、女性にとっての健康に近づける最善の道だと思います。
つまり、女性が健康でロハス美人であるためには、月経周期をコントロールする女性ホルモンを正常に保つことが必要なのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク