卵巣の血流の低下を防ぐ

女性ホルモンのバランスを正常に保つために、卵巣の状態も重要です。
女性ホルモンを生み出す母体である卵巣自体が弱っていては、いいホルモンも生まれません。
なかでも重要なのが、卵巣の血流です。
女性は冷え性になりやすいと言われていますが、冷えは健康の天敵です。
実はその冷えも、卵巣の血流が悪くなることで起こると言われているのです。
また卵巣の血流が低下していると、妊娠しにくいというデータもあります。
卵巣の血流は、年齢と共に自然に低下していってしまいます。
さらに、その低下を、卵巣周辺の癒着や卵巣嚢種(のうしゅ)、高脂血症といった症状が、追い討ちをかけてしまうのです。
卵巣の血流低下を防ぎ、女性ホルモンのバランスを保ちましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク