お灸をすえて月経症状緩和

月経期の前に、しっかりと下腹部を温め、血液循環を良くする効果的な方法が、お灸です。
「お灸をすえる」なんて言葉があって、罰のイメージがありますが、お灸は立派な健康法。
お灸は体のツボにすえます。
月経症状に効くのは、おへその真下指四本分のところにある「関元(かんげん)」と、恥骨からへそに向けて親指一本分のところにある「中極(ちゅうきょく)」というツボです。
ポイントとしては、お灸はあくまでも予防的効果を期待するものなので、月経症状が始まってしまってからでは遅いです。
月経が始まる一週間前には始めてください。
また、血の巡りが良くなっている時にお灸をすると、逆に体に負担がかかるので、運動のあとや入浴の後は避けたほうが良いでしょう。
鍼灸には、絶大なPMS改善効果があるというデータも出ているので、症状が深刻な方は是非、鍼灸医院へ行って治療を受けてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク