月経リズムを考えたスキンケア

あなたのスキンケアは、365日同じ方法で行っていませんか?
女性の肌はとてもナイーブで、月経のリズムによっても変化します。
その変化にきちんと対応したスキンケアで、ほとんどの肌トラブルが解消できるのです。
もっとも重要なのは、保湿です。
これは、365日毎日必要なものです。
月経が終わってから排卵までの時期というのは、女性ホルモンのエストロゲンが分泌される時で、放っておいても(?)肌の調子がよく、化粧ののりもよく、気分がいい時期です。
でも、安心は禁物です。この時期にこそ、次に来る不調期のためのたくわえを、ローションパックなどでしっかりしておいてください。
この時期に、潤いを保てる質のいい角質を育てていくことが、不調期を乗り切るポイントでもあります。
また、新しいコスメなどを試すのは、肌の調子がよく安定しているこの時期がおススメです。
排卵から月経前というのは、女性ホルモンのプロゲステロンが分泌される時期で、肌のトラブルが起きやすい時期です。
「生理前になるとにきびができる」という症状は、多くの女性が経験しているでしょう。
この時期は、新たに何かしても改善されにくいので、あくまでもその前の時期にたくわえた貯金に頼るしかありません。
できることといえば、体全体の血行が悪くなっているので、顔のマッサージや体のストレッチを行い、むくみなどの解消につとめることです。
月経期は、女性ホルモンの分泌がもっとも少ない時です。
女性らしさがトーンダウンし、月経症状などで心も沈みがち。
この時期には無理をせず、基本的なスキンケアを行うと共に、リラックスできる環境づくりが大切です。
女性ホルモンとは閉経までずっと付き合っていかなければならないので、それぞれの時期にあった対処法で上手に乗り切ってください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク