紙ナプキンの健康への影響

紙ナプキンは、デリケートな部分のかぶれやかゆみを引き起こし、ただでさえ辛いな月経期をさらに憂鬱なものにしてしっています。
色々技術は進歩して、「多い日でも快適」という宣伝文句が謳われていますが、快適な日などないのは、女性自身がよくわかっていることでしょう。
さらに、市販のタンポンには塩素やダイオキシンなどが含まれており、子宮内膜症の要因になるとも言われています。
子宮内膜症は不妊症の原因とも言われおり、初潮がきてから何気なく使用していたタンポンのせいで、何年後かに不妊治療しなければならないかもしれないのです。
またタンポンに使われるレーヨン繊維で、中毒死したというケースも海外でありました。
これらの現実を考えると、健康に生きようと願うロハスな女性にとって、紙ナプキンやタンポンを使うことが恐ろしくなってくるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク