エコツーリズムで旅行をしよう

美しい海や山が、観光客の捨てるゴミで汚れていたり、自然を楽しむというより商売目的のリゾート地が増えたり、と旅に関係した最近の環境への悪影響は、目に余るものがあります。
人間の私利私欲で、美しい土地や空がどんどん汚れていき、本当の自然が残っているところを探すほうが難しくなってきました。
このままではいけない、と立ち上がったのが、NACS-J(日本自然保護協会)です。
NACS-Jは、環境や生体を配慮して自然や文化を楽しむことを目的とした旅行形態を「エコツーリズム」として位置づけ、それを広く普及させるために様々な働きかけをしています。
「旅行者が、生態系や地域文化に悪影響を及ぼすことなく、自然地域を理解し、鑑賞し、楽しむことができるよう、環境に配慮した施設および環境教育が提供され、地域の自然と文化の保護・地域経済に貢献することを目的とした旅行形態」
というのが、NACS-Jによるエコツーリズムの定義です。
今までの単なる観光旅行ではありませんし、ボランティアのみを目的とした活動でもありません。
あくまでも自分が楽しむための旅行で、かつ自然や環境に配慮し、旅行先での有意義な時間を作るというものです。
環境を配慮するというロハスな考え方にも重なるものなので、今後の旅行にはこの「エコツーリズム」を取り入れていってください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク