エコツーリズム推進モデル事業

エコツーリズムを推進していくにあたって、そのモデルとなる地区が環境省によって設定されています。
というのも、エコツーリズムの概念が生まれてから10年以上が経過しているわけですが、思ったほどエコツーリズムの普及や定着が進んでいないと考えた環境省が、2004年に、「エコツーリズム推進モデル事業」なるものを発表しました。
この主旨は、いわゆる自然豊かで貴重な文化のある地域を、多くの旅行者に知ってもらう事で活性化させ、また旅行者の自然や文化に対する理解を深めるという事にあります。
自然や文化の豊かな地域をモデル地区として設置する事で、ツアーを組みやすくし、より一般的に広まる効果を期待しています。
現在では、53の地方公共団体からの公募の中から、13地区がモデル地区として選定されているので、ツアーを利用するのはもちろん、個人旅行が好きな方は、次の旅の行く先をモデル地区の中から選んで、ロハスな旅を体験してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク