有機JASマーク

1999年にJAS法が改正され、有機農産物に対する定義が細かく定められ、一般販売する際には登録認定期間による認証を得ないかぎり、「有機」「オーガニック」と表示できなくなりました。
その厳しい認定基準は、以下のものです。
1.農薬不使用 
2.化学肥料不使用 
3.使用する肥料は有機肥料のみ 
4.農場は最低3年以上農薬や科学肥料を使っておらず、堆肥等で土作りをおこなってきた。
オーガニック食品を購入する際は、必ずJASの認定マークのある有機食品を選びましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク