マクロビオティックとは?

オーガニック食品に続いて、食の健康として注目を浴びているのが、マクロビオティックという食事療法です。
マクロビオティックというのは、基本的に食べ物を丸ごと摂取するという健康療法です。
食べ物が本来バランスの良い完全な形をしている、ということを前提としたものです。
バランスの良い完全色を丸ごと食べる事で、バランスの良い栄養を摂取できます。
例えば、日本食としてほとんど毎日の食卓にのぼる白いご飯。
ほとんどの人が玄米を精米した精白米を食べていますが、このお米を精米していないもともとの姿である玄米を食べる、ということがマクロビオティックです。
欧米のロハス層では、以前からこのマクロビオティックに対する関心が高く、数年前から日本食ブームが到来しています。
日本食は、バランスが取れているものが非常に多く、世界各国で見直されているのです。
世界が日本食を食べているのに、肝心の日本の子供達がファーストフードを食べているという現実は、とても残念ですよね。
世界各国にもっと日本食を広め、正しい日本食を伝えるためにも、私達日本人が今一度日本食を見直す時がきたのです。
ロハスな食生活の中に、このマクロビオティックを取り入れ、日本人らしい健康な体を手に入れましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク