オーガニックコットンって?

3年以上化学農薬を使用しない土地で栽培され、栽培、紡績、加工のすべての工程で農薬や化学薬品を使わずに作られたコットンをオーガニックコットンとよびます。

つまりオーガニックコットンとは、化学農薬を一切使用しないで栽培された綿です。

もともとコットン栽培にはかなりの枯葉剤などがつかわれてきました。
その被害を受けたのがなんと栽培者たちだったのです。

以後、オーガニックコットンという農薬を使わず、除草剤、枯葉剤も使わない自然と共生する栽培法がうまれたのです。

もともと枯葉剤は機械で収穫するために必要だったといえます。
機械が葉やくきを巻き込んでしまうから先に枯らせる必要があったのです。

ところが有機では人の手で採取するので枯葉剤は不必要。

さらに長期的に見ても、有機栽培の土壌は微生物も豊かで土がやわらかいため、毎年毎年収穫が期待されます。
一方で、農薬や枯葉剤、そして除虫剤を使用する土地はどんどん硬くなり、しかも害虫にも耐性ができてしまい、大規模な虫害に襲われる可能性もでてきます。

もともと単一栽培はその危険性が高いのです。

コットン生産に使用される農薬はすべてWHOの分類によると「危険」から「大変危険」扱いになっています。
デルタメトりン、シハロトリン、モノクロトホス、シペルメトリン、フロルピリホス、エスフェンバレレート、メタミドホス、ジメトエートなどがあり、それらは栽培者の健康も蝕むのです。

また、問題は自然の汚染以外にもいろいろあります。途上国で栽培されることが多いため、栽培者が搾取される構造が明らかになるにつれ、小規模農民たちの自立への道を支援するフェアトレードとオーガニックコットンが切り離せない関係になっていきました。

また、アレルギー疾患のような現代病がひどくなるにつれ、消費者の健康への意識も高まり、オーガニックブームが起こりつつあります。
オーガニックコットンを広めていく意義は様々な意味で存在するのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク