オーガニックは何が違うの?

オーガニックコットンと普通の綿との大きな違いは、その化学製剤の使用です。

まず漂白剤で真っ白にされ、染色されます。

その過程でさらに染料、蛍光物質、柔軟剤などをつかうことが多いのです。

それに比べオーガニックコットンは、そういった化学製剤は不使用で、安全面でも非常に高い製品が多いわけです。
色もいろいろ。

普通は白いと思われがちですが、その土地や品種の違い、また収穫の時期の違いなどで色が違っているのが普通なのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク