オーガニックファッションの今後の動向

2006年の春のレポートによるとオーガニックコットン市場は今後3年で爆発的には伸びが予測されないものの年間116%ほどは期待できる感があり、
さらにオーガニックブームにのりビジネス環境はよくなってきているため、今後も品質向上に期待ができるといいます。

なお、面白いことに、2004~2005年のオーガニックコットン栽培地域は22カ国とされていたものの、40%をトルコがしめ、
インドが25%、アメリカが7.7%、中国が7.3%と、つまり、4カ国が80%を占めているのです。

生態系を守るためにもオーガニック栽培は持続的な栽培を可能にする意味でも必要です。
ところが、オーガニックコットンは、いまだ世界の綿生産の1%にも満たないのが現状です。

今後は需要も増え続けると予測されているので、
市場もゆっくり、しかし着実にのびるものと思われていますが、知識としてのオーガニックコットンを広めることも大切なのでしょうね!

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク