オーガニック:ベビーシャンプー

市販のシャンプーには、合成界面活性剤だけではなくて、恐るべき量の有害物質(なんと台所の洗剤よりも多いのです!)が含まれているのです!
人間の体は皮膚の角質層が薄ければ薄いほど、そういった化学物質を吸収しやすいという特性があります。つまり、頭皮は角質層が薄いので経費吸収されやすい場所というわけです。
まして新生児であれば、角質層が未発達なため、吸収量は成人よりもはるかに多いのです! 
経皮吸収された化学物質は血液に流れ込み、肝臓で代謝されないことがほとんどで、そのため、アレルギーやほかの皮膚障害となって赤ちゃんを苦しめます。
つまり、赤ちゃんのアレルギーをおこしている原因がもしかしたら、シャンプーであるかもしれないのです・・・。
可能性があるのであれば、それをゼロにしてしまいましょう!可能性をたてば、それだけ赤ちゃんが健康に育つ確率がふえるのですから!
BEMAオーガニック
http://www.org-cotton.com/

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク