オーガニック:ベビースキンケア

経皮毒って知っていますか?
日用品に多く含まれる化学物質が、知らないうちに皮膚から進入して体の中で有害な作用を引き起こしたりするのです。
その原因はなんと、シャンプーやリンス、クリームなど、まさか!と思うようなものがほとんどです。現に子宮内膜症などの病気のひとで、シャンプーや洗剤をかえただけで痛みがなくなり、体が楽になったというケースもあるとか。毎日の積み重ねがいつの間にかすごく危険な量になってしまっていたりするのです。
つまり、それが皮膚の柔らかい赤ちゃんであれば、なおさら恐ろしいことは想像つきますよね。
そこで、オススメしたいのがオーガニックのベビーオイルなどのスキンケア製品です。
たとえば、タウトロップフェンTautropfen(日本語ではタウトロッフェン)というドイツのメーカーはドイツでも非常に人気のあるもので、1989年、肌と髪のケア商品において、世界で最初に デメター認証を取得した企業です。
原料もすべてオーガニック栽培で、おそらく世界でももっともその栽培基準が厳しいのです。
デメターという認証を受けており、それはさらに加工や流通過程にまで規定が設けられているので安心!
植物の持っている力を特別な製法で原材料に保存し、そのヒーリング効果を最大限に生かせるようにすべてを太陽滲出法で議祝されています。
動物実験も行わないし、100%化学物質は使っていない上、ラノリンやウールワックスも使用していないので、まさにオーガニック最高の製品かもしれません。
実は私もアトピー体質なので、常にステロイドが手放せない状況でしたが、ここのベビーオイルやバルサムは非常に強い保湿力があり、かゆみを抑えるのにオススメです。
赤ちゃんだけでなく、大人にもぜひオススメ!

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク