オーガニックの語源って?

オーガニックの語源は欧米の言葉にあります。
もともと、オーガニックという欧米の言葉はORIGIN、つまり物事の根本への追求、本物を求める運動、すなわち、自然農法や有機栽培による食材を食べるという食を中心とした貴族階級から生まれた運動ともいえます。
つまり、オーガニックは根本的に、自然界の本質的な力と生命力を最大限に生かして栽培したもの、食べ物やコットンなどに基づいた生き方と言う意味でした。
自然破壊や環境汚染など、そういった自然の生態系を壊すような動きに対する保護的運動に近い反応としてのオーガニック活動も存在します。こういった動きは農薬汚染や地下水汚染などによる被害から、自然環境保護運動と連動して有機栽培・自然の生命力を食とする動きが強まったともいえます。
しかし、オーガニックのもともとの定義が化学肥料や農薬に頼らずに堆肥や生物などを利用して栽培するという、健康で安全な農作物の栽培方法を指していることは今も変わらないのですが、オーガニックというのはそれ以上に広い範囲の意味を含んだ概念として発達してきました。
つまり、食のみならず、現在では、衣食住、すべてに関わる概念として使用されています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク